無用の用~雑談板

227400
ジャンルを限定しているわけではありませんので、ざっくばらんに投稿されて構いません。
但し、荒らし・スパム・営利目的など趣旨に反すると判断した投稿は無警告で削除します。

シリーズ「ディープオーシャン」 - 小狸工房

2017/07/18 (Tue) 01:24:48

今回は南極海。

さすがにNHK一社では提供は困難だろうから、あちこちの公営放送とかと共同で製作しているのだろうな。
教育効果も高いし、学術的にも興味深い映像も多いから、国家機関も参画しているかも。

それにしても毎回、実にシュールだ。
南極海では海水中の溶存酸素が豊富だから、血液中に赤血球を持たなくても生きていられるとな。血液が透明だとはね。
氷点下の深海で、この豊富な生物量は何事だ。
ダイオウイカが話題になったものだから、やたらとイカにこだわっているな。

生物発光 - 小狸工房

2017/07/18 (Tue) 01:30:36

深海生物の発光もこの番組のテーマのひとつだけれども、前回は生物濃縮によりどの生物も発光する機能を持つと説明されていたけれども、実のところは自前の発光器官を持つ生物と、発光バクテリア等との共生により発光する生物とに大きく二分される。各々の進化の過程も考察して欲しいところだ。
いずれにしても発光する必然はわきまえているので、どうしてもインテリジェンスデザイン説が頭から離れない。

オキアミまで光るとはなー。

オキアミのバイオマス - 小狸工房

2017/07/18 (Tue) 21:51:03

単一種としては地球最大とな。
とにかく海中が桜色一色だ。

私が小学生の頃には来るべき食糧危機への備えとして、このオキアミの食用加工法が盛んに研究されていたものですが。プリンも作れるとあったけど、なんとなく生臭そう。

ますむらひろしさんの「コスモス楽園記」では光介がブンタにオキアミジュースを薦められ、
「くは~っ、生臭せ~っ!」
「このオキアミのシャリシャリした食感が良いのよね~」
猫の味覚だし、オキアミ、生でミックスされているし。
てんぷらうどんの掻き揚げが
「こりゃどう見てもエビじゃなくてオキアミ…」
「嫌なら食うな」
というのは松本零士さんの作品から。

ブンタとヒデヨシ - 小狸工房

2017/07/18 (Tue) 21:52:45

ヒデヨシは馬鹿だがブンタは不良だ。

「アンダルシア姫」 - 小狸工房

2017/07/18 (Tue) 22:00:03

「日本のゴシャゴシャした字では私の名はどう書くのだ?」
「ゴシャゴシャした字?ああ漢字のことか。オリベならこうかな」
『織部』
「グラシァス!なんて素敵なの!これからは私のことは織部って呼んでね」

彼の作品は単行本になっても発行部数が極端に少ないものが多いから、読みたいと思ったときにはすでに絶版という事態も。
兄が最終巻を持っていると知れば猫妹がすかさず
「これちょうだい!」
嫌だと言えるはずが無いでしょう。

これと別な短編集では - 小狸工房

2017/07/19 (Wed) 14:48:02

同じように絶海の孤島で猫が街を作って暮らしているのだが、こちらは普通の猫サイズ。ロバス島では等身大だ。

沈没船から引き揚げたテレビを修理して、銅貨三枚でワールドカップの試合中継を見せる商売などしているから、電力の供給もあれば初歩的なエレクトロニクスも備えている様子。
プロサッカーのテレビ放送が受信できるくらいだからカリブ海か地中海のどこかかだと思うのだけど、分かる人なら作中に出てくるチームと試合内容から割り出せるのだろうな。

島の外から来るものは拒むが、薄情なわけではなく、難破船から流れ着いた人間の幼児は保護していた。
成長した彼が周囲の猫たちとにギャップを感じないか心配だ。

深海棲艦 - 小狸工房

2017/07/21 (Fri) 09:54:36

「艦これ」はいつの間にこんなものまで登場するようになったのだ。
もちろん元から真面目にミリタリーを論じているわけではないだろうけど。

むしろこちらに少し誤解があったらしく、今まであれは艦隊戦を擬人化したもののように思っていたが、れっきとした艦娘というキャラクターが存在するのが正しいのか。

主な艦船は出し尽くしたから、設定もいよいよヲタ化してきたかな。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.