無用の用~雑談板

250205
ジャンルを限定しているわけではありませんので、ざっくばらんに投稿されて構いません。
但し、荒らし・スパム・営利目的など趣旨に反すると判断した投稿は無警告で削除します。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

映画「ブリッジ・オブ・スパイ」 - 小狸工房

2019/03/21 (Thu) 12:49:13

クサい。

クサくしないと映画がつまらなくなるか。
もしも60年代に製作されたなら、徹頭徹尾、堅い画面になっただろうな。

ワンワン姫 - 小狸工房

2019/03/21 (Thu) 12:45:24

ひでーセンスだこと。

誰もが発情モードで描きたがるな。

桜前線とはいうけど - 小狸工房

2019/03/20 (Wed) 21:20:23

ソメイヨシノという共通する基準があるので成立するのであって。

繰り返すが当工房で優先して愛でるのは山桜である。
桜の精は神様の眷属でもほんの小娘であるが、桜も違えば顔立ちも異なるので眺めていて、楽しい。
「魔王」でも論じたが、木によっては男、それもジジーなのでむやみとべたべたしない様に。

久しぶりのバニラエッセンス - 小狸工房

2019/03/20 (Wed) 11:01:00

るくるく。

チコちゃんでもグレーテルでもブレッド・プディングの話題が出たので、無性に食べたくなった。
いつものベーカリーで耳だけ買えば材料費はとことん安くつく。

せめて今回からはバニラエッセンスくらいは入れようと思い、ミキサーに卵と一緒に垂らしてみた。

むおー、こぼれた!
これほど派手に泡が立つとは。
後片付けにまた余計な時間を取られちまったぜ。

低温でじっくりと加熱し、中まで熱が通るのを待ってから仕上げにちょっぴりと焦げ目を入れる。

これで出来上がり。

甘さ控えめ - 小狸工房

2019/03/20 (Wed) 14:58:18

中まで火が通らなくなるので、深さは型の半分くらいまで。
いきなり結果を出そうとせずに、卵が焦げない200度未満で一時間くらいかけてゆっくりと。

元が固くなったパンを熾き火で再生調理するためのものだから、お手軽料理の一つである。パン粥も同じ。
食べやすくしっとりとさせるためにシロップをかけてちょうど良いくらいの甘さに控える。むしろ西洋ではご飯のうちだし。

ちなみに今回は二枚、写真のものを合計で八枚焼いたが、材料費は百円もかかっていない。型も百円ショップのものだし。

百円ショップのケーキ型でもフッ素樹脂加工されたものもあるが、傷を付けないようにとか遠慮するのが面倒なので、ステンレスむき出しでオリーブオイルを塗るほうが僕の性格に合っている。

お手伝い料理の効用 - 小狸工房

2019/03/20 (Wed) 15:05:50

自分で作れば自ずと適正量が身に付くので、食べ過ぎ、偏りが無い。
こうした簡単な料理から慣れておけば、何にでも応用が利くものだが。

今のように買って食べれば済む時代にはあまり熱心には勧められなくなった。
家庭料理すら外注で済ませる時代だし。主婦のアルバイトに人気だとか所さんで。

あまりにたびたび耳を買うものだから - 小狸工房

2019/03/20 (Wed) 15:09:46

「こんなにたくさん、いいの?」
「そりゃ料理にも多用しますから」
「あら、まあ」
「失礼ながら猫の餌にもしてますし」
「あらあら、まあ!」

このベーカリーのパンは耳まで軟らかいので真に重宝する。
刻んで調理するのに白いところを使わなくても良いし。

パンの耳ラスク - 小狸工房

2019/03/20 (Wed) 15:11:42

うちのは売り物だからと断られたところもある。

加工して売るのね。

振り向けば猫が寄ってたかって、はくはくはくはく... - 小狸工房

2019/03/20 (Wed) 20:26:45

さすがに蹴飛ばす。

妹の摘み食いは可。
後には兄が摘み食いに回る。

弟の摘み食いは不可。ほっといたらいつまで食べてやがる!

「今日は僕たちがご飯を作るよ」 - 小狸工房

2019/03/20 (Wed) 20:39:09

ただいま寄生虫。
という息子たちの言葉に妹が半泣きになって喜んで。
息子三人の食事の支度にはよほど忙殺されたようだな。
何を拵えてくれたのやら、今度聞いておこう。

「それで今は何を専攻しているのだ?」
「僕は農学なんです」
「あれ、畜産だっけ」
「そうじゃなくて、その部門もあるけど、僕のは生物工学で、なんと言えばいいのかなー、バイオマスっていうんだけど、余っているものの有効活用というか」
「要するにセルロースから燃料とかだな」
「えっ?うん、そう」

どうしていつも相手は自分の専門分野が理解できないと思い込んでいるのだ。

15世紀のロシア音楽 - 小狸工房

2019/03/18 (Mon) 13:14:04

今朝の「古楽の時間」から。

しかしこの時代のロシアには宗教音楽しかないだろうと思えば、必然として宗教音楽が紹介される。
それも古代以来の串団子の楽譜で、メロディーは単旋律一本である。
なおかつ宗教改革からルネサンスへ至る中央ヨーロッパとは異なりそもそも伴奏というものを禁じていたので、それこそ祝詞だ。

ここまでストイックにならなきゃならんのか、ロシア正教というものは。

ちょっと訂正、単旋律は13世紀くらいまで、15世紀には和声も取り入れられていたそうだけど、西ヨーロッパに比べるとそれでも二百年は遅れていますな。
世俗音楽禁止令といって、公の場では教会音楽しか認めていなかったものだから。
これは民族意識の高まりを警戒してのことだろうか。

マーチン・ルーサー・スーパースター - 小狸工房

2019/03/18 (Mon) 13:26:43

俗に塗れねば聖にはなれぬと説いたのは一休もルターも同じ。
彼は聖書をドイツ語訳して誰でも読める低俗なものにしてやったのと平行して、自ら作詞作曲も手がけ、賛美歌、詩篇歌に対抗する賛歌、霊歌の流れを生み出す。
神に捧げるばかりではない、楽しんで歌わねば教義は広まらぬとオルガン伴奏も積極的に取り入れる。

当時の目からはずいぶんと下品に見られた行為だろう。

いつかはルターを主人公にして、おもっくそ弾けた彼の物語を書きたいものだ。

意外と新しいロシアクラシック - 小狸工房

2019/03/18 (Mon) 13:47:02

実に長い間、演奏会でも演奏されるのは外国の曲ばかりであり、音楽などドイツやフランスから輸入すればよろしいという姿勢であった。

この文化的後進に危機感を抱いたグリンカにより、19世紀に入ってようやくのこと本格的なロシア人によるロシア的音楽が作曲されることとなる。
ここからはロシア五人組と、チャイコフスキーの登場によりいきなり百花繚乱の趣となった。

もちろん宴会や祭礼ではロマに代表される賑々しくも卑俗な曲も演奏されていたし、民俗音楽だってちゃんとあったのであるが、ロシア自身がその土着文化の豊かさに気がつくのは近代になってからのことだ。

ロシア宮廷音楽とコンサートホールの出現 - 小狸工房

2019/03/18 (Mon) 13:50:52

これもピョートル大帝、エカテリーナ二世といった、物分りの良い君主を迎えるといきなり化けるのじゃ。
民衆への迎合とも違う、ともに楽しもうという意欲かな。

こうした切り口からでも物語は作れるのであるが、誰か書かないかな。

とりあえず - ウッソ魔人

2019/03/19 (Tue) 20:54:59

>いつかはルターを主人公にして、おもっくそ弾けた彼の物語を書きたいものだ。

今色々出てるルターの漫画を読んでからでも遅くないと思うぞ。

「イブの息子たち」という先達はあるが - 小狸工房

2019/03/19 (Tue) 21:32:22

いろいろ出ているのか。
うーむ。
ロックスターのごとき無鉄砲な不良神父で書きたい。

「イブの息子たち」はポロポロと架空の人物も交えつつ、実に悪乗りが上手なものだと。

15世紀後半のヨーロッパ - 小狸工房

2019/03/20 (Wed) 10:54:56

実はレオナルド・ダ・ヴィンチ、マルチン・ルター、チェーザレ・ボルジアと一癖もふた癖もある連中が目白押しだった時代だ。
細かな考証になど目を瞑って、こいつらを絡み合わせれば無限に物語れる。

それに彼らとて単独でこう成り得たとも考えにくく、むしろ時代の最先端同士で影響しあっていたと考えるほうが自然であろう。

などとやっているうちにもボルジアとダ・ヴィンチで「透明インクで密書」のお話が浮かんでくる。

ぐぐれ - ウッソ魔人

2019/03/20 (Wed) 12:05:03

「ルター まんが」でぐぐれ。
他も同様。

スプリングの驚異 - 小狸工房

2019/03/19 (Tue) 13:03:32

ちょっとした設備のスイングアームを支えるスプリング。
以前から怪しかったのだが、とうとう錆びてしまい効かなくなったので久しぶりに交換。

専用部品を取り寄せるのももったいないので、市販のドア用スプリングを切って曲げて自作していた。それが今回はすでに各種の長さに整えられたものしか売られていないではないか。付加価値の創出であるが、こうした二次加工は今は誰も自分でやらないのかな。
長いものも短いものも同じ150円だというのが納得できないが、僕の性格上、一番長いものにして切り分けて使う。

また余計な作業に時間を食われてしまったが、直ったと思ったらアームが倒れてしまう。今までのものより若干細くて緩いのだ。昔のスプリングドアのように幼女が押し戻されて泣いちゃう事態を防いだか。
少し短く切り直して、これでO.K。

鋼線だから切るのはピアノ線カッターで - 小狸工房

2019/03/19 (Tue) 13:06:26

ラジコンをやっていた名残で持っている。

切り口がおもくそ斜めに鋭く尖るので、ディスクグラインダーで先端を平らにしておかないと作業中に余計な怪我をしてしまう。
こうしたところが手間を食う原因なのだな。

スプリングドアの恐怖 - 小狸工房

2019/03/19 (Tue) 13:10:27

幼女が挟まれて怪我をする事故が多かったが、今では勢いがつきにくく、ゆっくりと閉まる機構も組み込まれているようだ。
死亡事故だってあった、周囲の大人が気を使わないと。

男の餓鬼は知らん、そりゃそいつの不注意だ。

猫が挟まれる事故も後を絶たない。

鮭のコールスローサラダ - 小狸工房

2019/03/19 (Tue) 12:51:02

鮭と春キャベツが見切り品だったので、無性に食べたくなる。買ったのは先週だけど。
昨夜は時間が中途半端になったので、仕事は切り上げてようやく料理にかかる気になれた。それでもできたのは十時が近いわ。

キャベツは千切りにして軽く湯通し。千切りは相変わらず苦手だ。どうしても母に敵わぬところがある。
タマネギは薄く切って水にさらして何度も揉んで、これを繰り返す。
キャベツは湯を切り、塩を振って揉んで水気を落とす。
鮭も湯通ししてから薄く切って、キャベツ、タマネギと混ぜながらほぐす。
コーン、マカロニも入れて、サラダ用ペッパーを振って、これもコンビニで見切り品のコールスロードレッシングをありったけぶち込む。

混ぜて混ぜて混ぜて混ぜて、出来上がり。
まだ塩が少し薄かったか、だがこれで良い。

必ず野菜も食わせる - 小狸工房

2019/03/19 (Tue) 12:54:42

少なくても良いから、欠かさないようにしている。

ザワークラウトにも挑戦したことがあるのだが、やはり何かの菌が優勢らしくて、なにやら妙な味になる。

たけし分身の術 - 小狸工房

2019/03/19 (Tue) 09:52:30

空きスペースに、たけしのパーツは立っているのと伏せているのとで三匹ずつある。
外国製品でボーナスパーツ扱いだと必要最小限のパーツしか組まれていないものだけど、国産別売部品だとサービス精神が旺盛だ。

間違いなく、宗谷を猫だらけにした人もいるだろうな。
マストに乗せてみたりして。

250001HIT ありがとう - 小狸工房

2019/03/17 (Sun) 15:12:50

すでに十年以上。
一度始めるとeメールの一斉配信とは異なり、そのままファイルして置けるし編集というか書き直しもできるし。

おそらく九割以上はワタクシ本人からのアクセスだとは思いますが、今後とも猫たちともどもよろしくお付き合いの程、お願い申し上げます。

うるう年を越えるビッグイベントだ - 小狸工房

2019/03/17 (Sun) 15:16:41

ほぼ毎日、自分でも良く続けているものだと思いますし、思考の整理にもなり自分のためにもなっています。

漠然とした疑問や閃きも、文章にしてみれば見当が付きやすい。
そのまま思考の迷宮にはまり込んだ課題も多いけど、これを考え続けていては社会生活から完全に遊離してしまうので。たまにそういう人もいる。

数学とか哲学とか - 小狸工房

2019/03/17 (Sun) 15:20:00

ノーベル賞級の論文をものにしながら、療養所から一歩も外に出られない人とか、割と多い。
一方で、時に論理の一部が破綻しながらでも平気で研究を続けているのが気の毒でもある。
紙一重の部類の人材か。

これもアール・ブリュットの一形態だ。

どなたが何を発言してくださってもかまいません - 小狸工房

2019/03/18 (Mon) 22:45:00

問われるのは最低限の知性と品性のみです。

思考遊戯を大いに楽しもうではありませんか。

放蕩猫の帰還 - 小狸工房

2019/03/17 (Sun) 17:06:36

び**を引いている子がおる。

数日間というもの姿を見せなかったショルダーポイントであるが、左後ろ足を庇いつつお腹すいたニャーという。あー、脚が痛むのでどこかで臥せっていたな。


どうにも家中にションベンを垂れる癖が抜けないものだからほとほと持て余していたものであるが、正直なところこれで清々していたのであるが。
特に積みプラの山の上に伏せてジョオ~っ、とかしていたのを見つけたときには、もうどつくのも止めたが、積極的な世話も止めてやると決めたのである。

とりあえずはどこかで休んでいろ。明日になったら餌も出してやるから。

餌は出したのであるが - 小狸工房

2019/03/17 (Sun) 23:53:56

ニャー四匹衆が偉い勢いで威嚇する。

なんというか、猫密度が高すぎるのかね。

しょっちゅう餌をねだるもので その2 - 小狸工房

2019/03/18 (Mon) 22:41:50

あートラ縞に横取りされるのか。
威嚇はしているのだがどうにも貫禄不足であるな。
四匹が束になっても敵わんか。

近頃はむしろ少数派になった黄色に白の縞である。
シッポにもちゃんと縞が入っている。

見事などら猫体形であり、なおかつシッポはますむらひろし的理想の太さ、長さであるが、なんとも余所余所しい。
ひょっとして、どこかに子猫を待たせているのかも。これでタマタマを下げていたら怒るが。

猫仁義を破って餌の横取りを図るのだから、何かの緊急事態だと思うのだが。
ただの横紙破りの猫かもしれないし。

「21エモン」に昭和村というものが - 小狸工房

2019/03/18 (Mon) 10:22:44

もちろん明治村のオマージュであるが、昭和の象徴のひとつが0系新幹線でした。

さて、元号とは慣習に過ぎず、法的には直接には意味を成さないとは聞いていた。ただし西暦で何年であるのかはすぐさま割り出せるので、根拠を持たないわけでもない。

近頃はあらゆるものが西暦表示に改められている。
特に二千年問題をまたいで以来なので、20190225などと表示されてはとっさに読み取れないのである。
慣れるまでにはしばらくはかかりそうだ。

「レベル 1/72 英国駆逐艦」 - 小狸工房

2019/03/14 (Thu) 13:06:04

来訪者が少ない前提で煽り。

なんてぇ大雑把な商品タイトルだ、狙い目狙い目、っと。
しめしめ。

あっという間に相場に - 小狸工房

2019/03/14 (Thu) 13:09:33

さもしい連中だなー。

「ごごナマ!」のゲストは秋本治氏 - 小狸工房

2019/03/14 (Thu) 13:17:26

ニュース番組から続けてこれだったので、とりあえず録画。
後で見ましょう。

「Mr.Criss」は完結したのか。むしろ描き始めたまま何度も中断していたようなものだし。相棒は一貫してベラマッチャだったのだろうか。
ハードアクションものも連載する一方で、こち亀路線も続けているのか。元が劇画志望だったから、言い換えれば彼も不本意なままキャリアを積んでいたわけだ。
「平和への銃声」にページがもらえたのも人気連載のご褒美かも。どう考えてもジャンプの読者層には合わない作品だし。

連載を続けているのは - 小狸工房

2019/03/14 (Thu) 13:26:52

「あとりえビー玉」を運営する責任もあるのだろうか。

藤子Fさんとこのスタジオが存続できるのも、片倉氏とかの古参アシスタントのおかげだし。

ラーメンも作ったよ。
お肉は四日も前に煮て圧力鍋に入れっぱなしだったのでちょっと心配したけど、気温もあまり高くなかったしなんとも無いのに感心した。さすがは日本の技術だ。
一緒に買ってあったもやしが汗をかいて(つまり傷み始めていて)ちょっと困った。火を通せば大丈夫。

片倉って誰? - ウッソ魔人

2019/03/14 (Thu) 17:33:15

知らないなあ。

「宇宙まくらアカンベー」の人 - 小狸工房

2019/03/14 (Thu) 22:23:15

そーゆーときには「方倉だろう」と突っ込むものだ。

しかし検索して初めて知ったが、故人だったのか!
今までF氏のスタジオは今でも彼が仕切っているものだと思っていた。

まじかるハットくん - ウッソ魔人

2019/03/15 (Fri) 15:00:29

やはり方倉氏の話だったのね。情報が古過ぎるわ!

アカンベー、のんきくんは方倉スタイルが顕著であったが、アニメになったまじかるハットくんは妙にオーソドックスなつくりで、精々スピンちゃんが方倉ヒロインぽいって程度であった。
ハットくんはかなり方倉っぽくない。
以降の作品はそんな感じで薄味で気を揉んでいたが…

英国海軍フラワー級駆逐艦「スノーベリー」 - 小狸工房

2019/03/18 (Mon) 00:51:23

頭数要員。

そもそもはビスマルク追撃戦でドイツの主力艦隊が喪失したのにヒトラーが呆然としたのに端を発する。
これで英軍の主力艦隊を壊滅させる腹積もりであったが、英軍はフッドを始めとする旧型艦を数隻失ったのと引き換えに、ドイツの海軍力を激減させたのである。
戦勝祝賀パーティーの用意までしておきながらビスマルク撃沈の報を受けて顔面蒼白となったヒトラーに、すかさずデーニッツは潜水艦隊の編成を提案。
急速な改良を実現したUボート艦隊に英国海軍は手を焼くが、急遽駆逐艦隊の建造に着手、既存の生産ラインを生かすために捕鯨船を駆逐艦に改造するという無茶な手を打ち頭数をそろえるが、全ての艦にお花の名が付けられたのでフラワー級コルベットと総称される。
対潜装備は充実していたが、対艦装備は不十分なものだったので、水上戦闘では苦戦を強いられることとなった。

ただしUボート艦隊が編成された時点で、すでにドイツの北大西洋での敗色は濃厚であった。

もちろんシリーズでUボートも - 小狸工房

2019/03/18 (Mon) 03:21:09

むしろこちらが主役。

この大きさになると駆逐艦もお手軽ラジコンにちょうど良くなる。モーターグライダー用のギアユニットで減速してスクリューを回す。

Uボートも他メーカーから水密ユニットが出ていて、簡単な改造で組み込める。

良い時代になったものだ。

セイウチ大工の二人連れ - 小狸工房

2019/03/18 (Mon) 00:07:51

パンとバターとビネガーと。

今回の「ダーウィン」だけど、ホッキョクグマがセイウチの子供を襲う。なんとも見事に皮と骨ばかりを残して。

「とってもワイルド 船上生活」との事だったが、食事は釣ったばかりのホッキョクイワナのソテーだ。良いものを食べているなー。クリームとタマネギと胡椒と。
飲み水は流氷からというのは常識だと思っていたが、ライフルで撃って砕くのか。オンザロックにも。
温水シャワーまで使えるのだから、今は思ったよりも快適そうだ。昔は外国人スタッフとの共同撮影というと船内では体臭でむせていたと聞く。

パナール - 小狸工房

2019/03/15 (Fri) 20:13:41

江崎教授の愛車。

19世紀の末にはすでに自動車メーカーとしての地位を確保していた、ベンツ、フォードに並ぶ老舗メーカー、だった。一番困ったのは、この時期に自動車界ではこれから主流となる技術を確立していたので、ここからおもくそ出遅れたところである。
20世紀に入ると各メーカーがこぞってエンジンやミッション系に長足の進化を遂げたのとは裏腹に、見た目のゴージャスさにこだわり転ぶ。ルバッソールなどまさしく第一次世界大戦直前の内燃機関の躍進を象徴するマシンである。少女漫画にたびたび登場、画になりやすいので。

すでに時代遅れとなっていたが、一部の好事家からは好まれた車体だったので、ルノーの子会社としてブランドだけは生き延びたが、これも戦後には消滅する。

ただしパナールの名だけは今でも生き続けている。
フランスの各車両メーカーの合同ブランドとして、軍用車両に特化しているのである。
ここはミリタリーマニアからも、そういえばフランスの装甲車ってどこが作っているのだとちょっとした混乱を来たす。

マツダキャロル360 - 小狸工房

2019/03/15 (Fri) 20:30:32

チャーリー小林の愛車。
日本車には珍しいクリフカット形式のリアデザインが刈り上げ頭を髣髴とさせる。

下校中に実物が路肩に停めてあるのに気がついた友達が、僕を突付いて
「ほら、チャーリー小林の愛車だ」
持ち主には悪いけど忍び笑いが止まらなくて。
小型車としては入念に練りこまれた良い設計だ。

中川のカウンタックとの対比のショボさが売りだったが、追い討ちをかけて
「カウンタックなら何台か持っていますから」
という中川の言葉に打ちのめされる。

ジャガーXJ40 - 小狸工房

2019/03/17 (Sun) 11:09:55

麗子の愛車だけど、うろ覚えだから違うかも。

ダイアナ妃が
「故障の多いジャガーは止めてベンツに乗るわ」
と決めたときには国辱だと非難されたものだが。

通勤にカウンタックを使う中川も、プライベートでの仕事にはBMWに乗る。警察官は彼の生きがいだが、中川財閥の運営は義務だから効率優先だ。

マツダ スポーツコスモ - 小狸工房

2019/03/17 (Sun) 20:24:16

大原部長の愛車。

両さんの影響もあるのか、堅物で知られる大原部長も、たまに自分のためにお金を使ってみても良いかなという気分になる。
60年代には日本屈指のスポーツカーであり、実は連載が始まった1976年当時にもまだ生産完了後数年で、ごく普通に街中でも見られた車種だったが、連載を続けているうちにビンテージカーの仲間入りを果たしたのである。

「若いころの夢を叶えたくて」と、程度の良い中古車が見つかったのを機会に購入。
大満足の部長さんでした。

ツバメ自転車 - 小狸工房

2019/03/17 (Sun) 20:36:54

両さんの愛車。
確か連載当時はまだブランドも生きていたはず。

実用車でありながら両さんの手により競技用からパトカーまでさまざまな改造を加えられる不運な車体。
ディスクブレーキを移植したこともあったが度を越したオーバースペックで、何度も大破しながら両さんの下町的小器用さでその度に蘇る。
こち亀、影の主役。

両さんも運転免許のみならず危険物取り扱いとかさまざまな免許を取得しているはずなのだけど、つい便利なもので中川君とその愛車を私用でこき使う。
「先輩、今年の分の有給休暇はもう使い切ったでしょう?」
「いいの、ワシの場合自営業並みなの。さっ、行くぞ」

1/350 ネコ(たけし) - 小狸工房

2019/02/08 (Fri) 03:30:45

以前にイギリスの戦艦は今でも猫を乗せているのかと書いたけど、宗谷にも乗せていたのか。

ハセガワの純正エッチングパーツにもちゃんといるね。
ペンギンと並べよう。

三毛たけし - 小狸工房

2019/02/08 (Fri) 08:13:19

海上自衛隊所属。

ネットにも結構データ量が多いな。
「ネコ」という表記はハセガワの商品説明の原文ママだぞ。

猫対ペンギン - 小狸工房

2019/02/08 (Fri) 10:07:15

猫がパシパシするのが勝つか、ペンギンがツンツンするのが勝つか。

こうした馬鹿話を展開しているタイミングでこそ誰かに突っ込んで欲しいわ。
一人でやってると照れるじゃないの。

いつでも照れていないわけでもないぞ。

第二次越冬隊にも参加 - 小狸工房

2019/02/08 (Fri) 11:26:44

http://polaris.nipr.ac.jp/~archives/contents/takeshi.html

思いのほかエピソードも多い猫である。

子猫のうちに船に乗せられて南極で育ったのか。
南極に猫を持ち込もうという発案はおそらくは世界初であっただろうから、もっと学術的データも残しておくべきであった。

こうしてプラモデルのパーツにもなったし、猫としては上出来であろう。

次には狸を持ち込もう - 小狸工房

2019/02/08 (Fri) 11:46:29

そのまま順応したりして。
ナンキョクタヌキとか。
白タヌ。

今ではやたらな動物は持ち込めないか。

たけしの絵本 - 小狸工房

2019/02/08 (Fri) 14:34:26

模様がぜんぜん違うジャン。

まだ資料が少なかったのだな。むしろ公式資料はないのだから、個々の隊員から教えてもらわなければ何も分からなかったのか。
マスコットとして出航直前に乗船したのか。

帰国して間もなく行方不明になったそうだが、まともに考えればお嫁さん探しの旅に出たのだろう。

第七次まではわふんが同行 - 小狸工房

2019/02/08 (Fri) 22:17:53

雪上車があろうとも、故障したなら犬橇が命綱。
食料が尽きようとも、犬そのものが命綱。

「ラジエーターは食えん」
今でも犬を連れているのかと問われたイヌイットの老人の返答。スノーモービルなど当てにしていないな。

猛吹雪の中、小児麻痺ワクチンを運ぶ - 小狸工房

2019/02/08 (Fri) 22:42:38

航空機が使えない悪天候でも、一刻も早くワクチンを届けなければ患者が増えるばかりの状態で。
一番有効な解決策として犬橇によるリレー輸送が敢行される。

そのうちに映画になるかなと思ったエピソードだけど、アニメになったな。

ネコピットのタブレット - 小狸工房

2019/02/08 (Fri) 22:46:16

いつもここに映されているでっかい猫だけど、いつまで待っても当家には配達に来てくれない。普段は荷物も営業所止めで受け取っているし。

一度で良いから遣してくれるかなと窓口で頼んでみたけど、あの猫は一般顧客宅には派遣されないのだとか。

タロとジロ - 小狸工房

2019/02/09 (Sat) 02:13:58

今回のぐぐで判明した事実のひとつ。

当時はペンギンやアザラシを捕獲して生き延びていたものと推察されたが、実際に食べていたのはそのウソコらしいとか。
保護した隊員の証言によると、大人しく傍で待っていて、
「早くしなよワン!」
と催促すると、出たばかりのホカホカを食べていたというのであるが、未消化の魚やエビが大量に含まれていて栄養は十分だとか。

しかし狩りもしていたという証言もあるし、ウソコだけでは足りないかな、さすがに。

さらに追記、この二匹はハワガワのボーナスパーツとしてホワイトメタルのフィギュアになった。1/35くらいだったかな。

犬は置き去りにされたが - 小狸工房

2019/02/10 (Sun) 09:49:25

悪天候の中、重量制限を掻い潜り猫は帰還を果たす。
帰りの航路では手作り救命胴衣まで着せてもらっているし。

あちこちから情報を集めてみたが、記憶と伝聞によるものがほとんどなので細部で一致しないことが多い。
最大の事故としては暖を取るためにいつものように高出力通信機に潜り込んでいたら高圧線に触れてしまい見事に感電。数日間は昏睡状態だったとも。
このときに火傷を負ったのは、ある資料では肩になっているけど、別な資料では耳の一部を失ったともあり、また別な証言では脳に若干の変調を来たしたとも。

隊員には可愛がられ、犬たちとも仲が良く(極地で産まれた子犬たちのリーダー格だったとも)、おおよそ施設内でのお行儀も良かったようだ。
猫飼いなら気になるクソ、ションデンもちゃんと外で済ませていたというけど、とりわけ懐いていた隊員の部屋ではスプレーもしていたらしいから、これは縄張りなのであるな。

「気をつけ!」の号令で椅子の上に立ち、前足を揃えてテーブルに伏せる芸ではおおよそ証言が一致している。
どの隊員も面白がってあれこれと食べさせるものだからムチムチに太ったとも。
六十年も前の出来事だし、私的な日記などを除けば書面での記録も無いし、こんなものかな。カラー写真が残っているだけでも当時としては実に貴重なのだけど、猫用救命胴衣は今日一般的なオレンジ色ではなく明るい臙脂色なのが確認できる。



ところで犬、二か月分の餌とともに置いて行かれたのだけれども、こちらには口をつけずに新鮮なアザラシ肉やアザラシウソコに夢中になっていたようだ。

こうしてプラモデルのパーツにならなかったら - 小狸工房

2019/02/10 (Sun) 10:07:12

俺でも存在を知らなかったぜ。

猫と船というと、コンチキ号にも同乗していたな。
どの乗組員よりもタフだったとか。

猫用救命胴衣 - 小狸工房

2019/02/10 (Sun) 12:37:05

今だと市販されているのか。
正確には猫、小型犬用ライフジャケット。

当店のお客様にも持ち舟に犬を乗せている人がいたが、不意に見かけなくなったので、犬はどうされましたと訊ねると、波の高い日に姿を消したので多分甲板から転がり落ちたのだろうと。
船室に入らなかったのかな。

妹でも知らなかった - 小狸工房

2019/02/23 (Sat) 19:55:34

宗谷やタロ、ジロのことも何も知らなかったので、数年の歳の差と、男の子と猫女の子との興味の違いだな。

「あ、それじゃ船内の衛生管理のために連れて行ったのね」
「いや、単なるマスコットだそうだ」
「何よ、それ?」
「なおかつ、ちゃんとプラモデルのパーツにもなっている」
「だから何よ、その猫??」

ひとつ間違えていた - 小狸工房

2019/02/23 (Sat) 19:59:13

わふんで運んだのはジフテリアワクチンだ。

ヴァンゲリス - ウッソ魔人

2019/02/23 (Sat) 20:09:40

南極物語があったではないか。

まだ見とらん - 小狸工房

2019/02/24 (Sun) 02:16:25

ばーちゃんが義弟夫婦に招待されて東京に出かけた折の帰りの機内で見たとか。
「帰り道はずっとワンコの映画を見とった」
タロ、ジロ人気もリアルタイムでは関心は無かったようで、この映画で初めて詳細を知ったとか。

ばーちゃんの感想は
「ワンコなどたとえ南極であろうと、ほっといても生きられる」
「それでも飼い主の顔はちゃんと覚えておった」
の二点である。

わふんバージョン - 小狸工房

2019/02/24 (Sun) 09:32:22

あれは九州の叔父夫婦だったか?さすがに記憶が曖昧だ。とにかく全てこちらで手配するから、一度は来てくれと。

それでも国内線であの大作映画を流すのかと思えば、編集によりいくつかのバージョンがあり、これは分かりやすくわふんを第二主役としたものらしい。主役はあくまでも健さんである。
航海や観測など普通の人は興味は薄いか。
あれは国際南極観測年に、自力で参加できるようなら日本にも参加を認めてやろうオラオラというフランスの挑発もあったのだが。ここで意地を張るのが日本人の面目。

国内線で長編映画 - ウッソ魔人

2019/02/24 (Sun) 14:44:35

少なくとも東京行きだと片道2時間は沖縄くらいしかないぞ。
ジャンボはスクリーンが良かったなあ。映画は見たこと無いが。

南極物語は私は泣いたが、周囲はボロクソに言ってたな。
「犬で感動するかい」
「文部省映画じゃキスもなしかい」
と。

映画のタロとジロは可愛かったが、実物の剥製を見たときはさすがに南極を生きていける重戦車のような身体に驚いた。
あの首の太さ、殴っても微動にしなさそうである。

ワンコとキスをすれば良い - 小狸工房

2019/02/24 (Sun) 17:09:42

ウソコ食った口だけど。

「アラスカ物語」ですらベッドシーンはあったというし。ベッドじゃないけど。これがためにクラス担任の教諭が、「良い映画なのですが、君たちには勧めかねます」。

確か映画撮影に応えられるほど調教された樺太わふんが見つからなかったので(第一、そんな想定が無いだろう)シベリアわふんで代用したはず。スマートな精養軒のほうが誤変換だけど面白いから残すね画面で映えるよね。

これに限らずセミドキュメンタリーの振りをして史実では現地人だったものを白人の俳優に演じさせたりして非難を浴びる結果となる。
とはいえ史実に忠実だと映画として面白いかと言われれば。

釧路の観光犬ぞり - ウッソ魔人

2019/02/24 (Sun) 17:44:26

誰も犬に寄ってこない。怖いから。

妹にも見せてみた - 小狸工房

2019/03/17 (Sun) 16:05:44

喜んだのなんの。

たまたまキットと平行して安く見つかったので、両方とも落札できて良かった。
一応は第一次隊での仕様では限定販売となっているので、それなりに運も良かったか。

企画した人も偉いが、それを通した会社も偉いと大喜びしていました。

二つともで送料込みで4肉球5ヒゲ - 小狸工房

2019/03/17 (Sun) 16:08:14

この貨幣単位を使うのも久しぶりである。

おおよそ良い条件で手に入れられたのであるが、キットも近頃は送料だけでも宅配便だと1肉球を超えるんだよなー。

1/72「ロワール飛行艇」 - 小狸工房

2019/03/17 (Sun) 01:45:39

アズールという日本ではほとんど知られていないメーカーの製品。インジェクション成型が難しいキャノピーはバキューム成型という潔さである。

珍品発見!と勇んだのであるが、小狸基準では決して安いものではなかったが、油断していたらさらわれた。
飛行艇のプラモデルはごく一部にディープのファンがいるのであるが、皆、目ざといねー。

実機は戦争準備にもたついたフランス軍としては、設計が旧いながらもまあまあ成功した口。
ヴィシー政権下でも生産は続けられ、一部はドイツ軍に接収されるという無様な経歴を持つ機種である。
1/72だと同スケールのランチと並べられたりするので、なかなかに面白い。お子様ではない。

ところで潜水艦だと補給艦からの洋上補給が受けられないとなると乗員が飢えてしまうのであるが、頼みの綱は飛行艇である。
これもやたらなところをプイプイと飛んでいては、この下に潜水艦がいるぞと教えているようなものなのが悩ましい。

ソヴィエトのプラモデル - 小狸工房

2019/03/17 (Sun) 09:51:03

無いわけではなく、チェコやウクライナから細々と供給されていたようだが、出来栄えはどうにも話にならず。
T-34くらいは海外から輸入しても良かったと思うのに。

またもや再録になるけど、タミヤからソヴィエトの戦車を出そうと決めた当時に、資料を求めに大使館を訪れたというけど、軍事機密が渡せるかと門前払いを食らった上に、あいつら何者だ?と外務省に通報までされたとか。
それにしても心臓と言おうか無鉄砲と言おうか。

これに限らぬマイナーメーカー - 小狸工房

2019/03/17 (Sun) 10:01:13

機体や主翼などの大まかな部品はインジェクション成型でも、着陸脚やキャノピーはレジン成型やバキュームフォームだったりする。金型を起こすより話が早いし、透明樹脂は成型が難しいのである。

これからすれば逸早くキャノピーを透明プラで成型したレベルなどどれほど先進的だったものか。

今でもガレージキットだとホワイトメタルのボディにレジンとエッチングパーツとの組み合わせとか、少量生産だとこの方が適しているし。
ただし正直なところ、俺でも手が出せん。

噂となったタミヤのディープスロート - 小狸工房

2019/03/17 (Sun) 10:48:30

タミヤからはどこよりも早く東側の兵器の正確なプラモデルが発売されるのは、軍内部にリークする者がいるからだという噂。

実際には、パレードやデモンストレーションの資料映像から、各国のジャーナリスト向けに設計や諸元を割り出して提供するチームがあるらしい。
ただの推測なので何の違法性も無いが、思わぬところにも着目しているものだと驚嘆する。
「彼らが中距離ミサイルだと主張するこの映像ですが、普通はあるはずの燃料や配線のラインがどこにも見当たらないんですよね。
おそらくは、ただの張りぼてです」

猫どものくしゃみが止まらず - 小狸工房

2019/03/13 (Wed) 08:44:28

今回生まれた猫は健康だと思っていたのだが、やはり何かの菌は抱えているらしい。

もう半年目で、冬も乗り切ったのだから滅多にくたばらないとは思うが。

ぶしゅぶしゅ、くしゃんくしゃん - 小狸工房

2019/03/16 (Sat) 09:55:29

一晩中やかましい!

布団にだって真ん中で寝るな好き勝手に出入りさせているのだから、寒い思いをさせたことは無いつもりだが。
ニジュクは布団の中でブニャックショーイ!としていたものだから僕の毛布を鼻水でカピカピにして。あいつは一際青洟が強烈だったし。

暖かくなるまでは具合が悪いかな。

三尺手拭 - 小狸工房

2019/03/16 (Sat) 10:11:14

これが標準か。
すると一尺のものは江戸時代のハンカチ(ハンド・カ・チーフ)か。

考えてみれば捻り鉢巻なのだから三尺はあるものだな。
標準的な猫の体長からすると、頭から被って足元まで垂らすのか。猫の癖にお洒落なものだ。

しかしタオルでは雰囲気が出ないから、やはりタオルハンカチでパラパラでも躍らせておくか。

疲労困憊 - 小狸工房

2019/03/16 (Sat) 10:19:39

ちょっとサボろう。

なんと十三連発 - 小狸工房

2019/03/16 (Sat) 20:23:20

まさか噂に聞く犬猫の花粉症ではあるまいな?
医者に診せる金は無いので自力で治させなければ。

戦時中の乱伐を埋め合わせるために成長の早い杉を植えたのであるが、こういう事態は想定していなかったか。
杉なんかいまさら金にならんし。

PM2.5だな - ウッソ魔人

2019/03/17 (Sun) 00:05:37

>杉なんかいまさら金にならんし。

相変わらず情報が古いぞ。
今林業はついに活気が来たのだ。中国向け輸出なのだ。

中国で森林資源が不足? - 小狸工房

2019/03/17 (Sun) 01:24:03

世も末だな。
松坂牛がフランスに輸出されているのはまだ分かるが。

サンジュは今日は姿を見せないので、他所で出産しているのかも。
落ち着いて赤ちゃんが産める場所が見つかったのなら良いのだが。猫は生まれた場所が一生の絶対座標になるからね。

先日もお客様と「お山の杉の子」 - 小狸工房

2019/03/17 (Sun) 01:32:21

二番までは今でもよく歌われているが、本来の歌詞である最後は兵員輸送船になってボカチン食らってそれっきりというのはあまり知られていませんねというと、私の世代だと誰でも知っているのだけどねと花粉症で目をショボショボさせながら。
奥様、戦中派ですからな。

本来は山間部の村落だったものが県道敷設の余力で宅地として開発されたのだが、その上の杉森から大量に降ってくる花粉に皆が悩まされている。

まだ産まれてニャい - 小狸工房

2019/03/17 (Sun) 10:36:59

すでにお腹は食べ残しの串団子状になっているのだが、大丈夫かな。

串団子というと地元名産の三色団子と祖母の立ててくれた抹茶の味が忘れられない。

クリームシチューに生クリーム - 小狸工房

2019/03/14 (Thu) 22:43:53

エロい話ではない。

ビンボ贅沢のひとつ。生クリーム、ホイップクリーム、豆乳クリームなどは見切り品でストックしてある。各種の料理、お菓子に使うのである。

クリームシチューも市販のルーにマニュアル通りに牛乳を入れると味が薄まってよろしくない。少量でよいので生クリームを入れるととても味が良くなります。
牛乳鍋もクリームが良い。旨みが薄まらない。
出し惜しみするばかりが節約ではないのである。

夏にはもちろんアイスクリームも作るが、ヨーグルトには豆乳と、それなりにバランスをとってある。

みっちゃん - 小狸工房

2019/03/16 (Sat) 00:47:51

キャラが立っていたので、今でも「淫乱女子小学生」とかのタグでヒットする。

なぜか淫乱であるとの共通認識があるぞ。

「こち亀」四十年 - 小狸工房

2019/03/15 (Fri) 11:26:02

「連載を切られる覚悟はいつでもありました」

タイトルが長いと読者が付きにくいという編集者の警告はあったそうだが、これはこれで通させてくれという我侭もあったのは、連載が早期に終了する仮定もあったのだとか。
一度人気が出始めればもう後には退けないので、飽きられないように手を変え品を変え、四十年間を続ける。

ちょうどクロ現でも渋谷の再開発を取り上げていて、元は渋谷駅に面していて大層賑わっていたのに、東京オリンピックに伴う東京改造の余波を受け、渋谷駅の移動と国道、首都高の建設により隔離されてしまい開発から取り残されていた一角の、戦前から残る建物から始めて平成の今へと至る変遷を紹介していたところだ。
こち亀でも浅草はこの四十年間でずいぶんと様変わりをしたとも。

作中で下町生活を多く取り上げるのも、作者本人が下町育ちで、詳しいものから漫画に取り入れてみようという編集者の提案もあり。リアルで下町に暮らす読者からは共感を得て、そうではない読者にはとても新鮮に映る。
さらにはそのギャップをまたギャグにもし、
「どうしてメンチカツをお箸で平らにつぶすんですか?」
「ソースをたっぷりかけるためだよ。こうすれば味が濃くなってご飯がたくさん食べられるだろうが」
「それは昭和の暮らしというより単にあなたの家が貧乏だったからでは...」
「やかましい、大きなお世話だこの野郎!」

読めば良く分かるのであるが、上流、中流、貧困家庭と、過去、現在、未来の予想とが常に渾然一体となって描かれている。このギャップの激しさが変わらぬ新しさになっているのだ。
典型として番組中で紹介されたのが「未来の警察手帳」。今のスマートフォンの機能とレイアウトをそっくり先取りしているのにゲストも驚愕していたが、
「ちょうどPHSが普及し始めた頃で、電子手帳も流行っていたんですよ。両者が一体になればこんな感じじゃないのかと」
ごく初期のモバイルも登場していたし、これをとことんまで突き詰めてビジュアルにできるのがこの作者の力量の大きさ。ただし作中の実物は分厚いタブレットといったところか。

スーパーカー、ラジコン、テレビゲーム、プラモデルと、常に読者視線での流行を取り入れつつ、子供っぽい両さんの熱さと冷静な大人の目の中川と麗子とを対比させ。
最先端だった「ドンキーコング」に交番内で熱中している姿に
「先輩、どうしたんです、そのゲーム」
「ボーナスが出たからな、ゲームセンターの親父に筐体ごと売ってもらった」
「もう全部使っちゃったんですか?」
桁外れの富豪でありながら現実的な金銭感覚も備えている、この中川の常識ぶりのおかげで両さんが引き立つのである。

体調不良や読み切り作品の執筆に備えて、常時二十本の完成原稿もストックしてあったというのにも驚愕。

感謝感謝の四十年でした。


「けど描こうと思えば「こち亀」もまだまだ描けますよ」

ネット駄菓子屋 - 小狸工房

2019/03/15 (Fri) 11:28:05

すでに常識。

課金ゲームとネット廃人 - 小狸工房

2019/03/15 (Fri) 11:35:48

画面上の女の子にねだられるままに服を買ってやろうとする本田に良くないものを感じる両津と中川。
買ってやらなければ先をプレイできないが、支払いはクレジットカードを通して現実に請求される。

大人の良識を保ちつつ、読者と一緒の悪乗りも楽しめるのもまたこの作者の力量の大きさだ。
本当に良い作家を育てたものだと嬉しいが、唯一の欠点はほとんど他の作品が描けなかったことであるから、これをこれから取り戻すのだな。

江崎コロ助教授 - 小狸工房

2019/03/15 (Fri) 11:53:00

類友でああしたオトナコドモを引寄せるのも両さんならでは。
江崎教授も黙っていれば教養のあるナイスミドルなのに両さんにそそのかされて余計な見栄を張るから無用な騒動を引き起こす。

カーマニアの中川に対抗して渡仏中にクラシックカーを購入するが、誰も知らない車種なのに困惑し、
「要するに珍車じゃないか」
知らないのを良いことに名車だと称して売りつけられていたのに悄然とする教授。

デンキウナギ - 小狸工房

2019/03/10 (Sun) 22:48:22

ショッカー怪人を始めとして、怪獣、怪人のデザインモチーフには欠かせない存在だが、ウナギよりも分化ははるかに古く、極端な特異進化を遂げ、内臓は大部分が頭部と胸部にあり、あとはほとんど全てが運動と発電のための器官だというのが。
肛門が顎の下にあるとは何事だ。

「ダーウィンが来た!」は子供番組というより、日曜夜のゴールデンタイムなのだからファミリー番組の部類か。油断していると超最新の観察報告も入ったりして仰天することも多い。
単なる憶測であるが、放映素材は提携している各国テレビ局と共有し、それぞれの国情に沿った内容の番組に編集されているかと思う。

NHKはテレビ放送の初期に、高い金を出して外国から映像を買わねばならなかった屈辱があるので、撮影技術の開発には一貫して熱心である。
放送規格に関しても何度も苦杯を舐めているので、この二つの技術はNHKの両輪であるな。

馬を感電させて溺れさせるフンボルトの報告 - 小狸工房

2019/03/10 (Sun) 22:52:22

このたび、大きな相手には乗っかって直接電撃を浴びせる生態が確認され、この記録が真実であると判明。
ワニも逃げ出す大威力である。

溺れた死んだ馬は、腐り始めるのを待って腹の中に潜り込んで食うのだろうな。

ところで食えるのだろうか - 小狸工房

2019/03/10 (Sun) 22:55:36

頭から後ろは丸ごと身であるので、相当に食いでがありそうだが。

ピラニアは塩焼きか素揚げが良いと聞く。

ここでもハクビシン - 小狸工房

2019/03/10 (Sun) 23:02:49

都内でもタヌの目撃は多いのは常識として、もっと珍しい動物も現れるというので、とりあえずハクビシンとしておいたが、捕獲数はこの十年で二倍に増えたとか。
あいつらは肉食のはずだが何を食っているのだ。どぶちゅーかね。

都内といっても意外と多様な環境を擁するので、それなりにあれこれの動物が生息していても不思議は無いのだが、二十三区内に象が出てくるようになれば意外性は増すな。

ぬっとヌートリア - 小狸工房

2019/03/10 (Sun) 23:14:13

母の大好きなキャッチフレーズ。何のテレビCMだったか。

これは「所さん」からだけど、戦後一貫してガシガシと増えているな。水草も柔らかいところしか食べないので
「あいつら稲も根元だけ食べやがる」

航空兵の防寒服に欠かせないウサギの毛皮が不足するので、これを補うために各戸に飼育が奨励される。
ウサギを増やしていたころには毛皮を剥ぐと肉は缶詰や鍋になっていたものだが、ヌートリアも食えないわけではないとか。
戦後の食糧難の時代にもすぐに見向きもされなくなったというから、あまり美味いものではなさそうだ。

妹はカピバラと並んでこれがネズミの親戚だと知り狂喜していた。あの図体でネズミだというのがね。

ウサギ料理 - 小狸工房

2019/03/10 (Sun) 23:22:16

矢口高雄さんの漫画で、母子家庭の少年が家計を助けるためにせっせと罠を仕掛けるお話がありました。

いつもはウサギを狙っていたものが、テンの毛皮なら自転車が買えると気がつき、平行してテンの罠も仕掛ける。
いよいよ目標額に迫りつつあるときに、なんと黒テンが罠にかかっているのを見つける。これなら中古じゃなくて新車が買えると少年は期待するのだが...

食卓のお肉 - 小狸工房

2019/03/10 (Sun) 23:35:23

さる動物学者であるが、子供のころには肉となると家で飼っているウサギを指すものであったと。
これはさすがに戦前の話だけど、僕と同年代でも山の暮らしだと肉とは親父が山で獲ってくるイノシシかキジが相場だったというのは前にも書いたな。

ウサギは野菜屑で育てるわけだけど、それでも年に数えるほどしかありつけないご馳走だと。

日本はいつまで飽食していられるのだろう。

母と鶏 - 小狸工房

2019/03/10 (Sun) 23:42:10

子供のころ。

家族の誰かがヒヨコを譲り受けて後生大事に育てる。
そろそろ食べ頃よねというくらいに育ったのであるが、とうとう誰も首を刎ねる度胸が無かったとか。

鶏小屋はその後雌鳥を買うようになって卵はいくらか食べられるようになったというが、雄鶏がいれば有精卵で産卵数も増加するかな。

すごく減ってる - ウッソ魔人

2019/03/11 (Mon) 10:08:39

>戦後一貫してガシガシと

情報が古い。戦後って時点で分かるが。

ハクビシンは雑食だ。ミカンの害獣だ。
ぶんぶく茶釜のモチーフというのは納得する。
猿のように電線を疾走出来るのだ。

ウサギ美味し - 小狸工房

2019/03/11 (Mon) 11:15:09

あの山でウサギを獲るのだと思い込んでいたと祖母が。

>ぶんぶく茶釜のモチーフというのは納得する。

割と昔に渡来していたのだな。
するとやはりタヌ、ムジナ、ハクビシンの三者連合が。

>猿のように電線を疾走出来るのだ。

この映像は「ダーウィン」でも紹介されていて、マンションの高層階に唐突に姿を現して
「寒いのかと思ってタオルをかけてやろうとしたら凄い剣幕で威嚇するんですよね」

動物行動学上の考察 - 小狸工房

2019/03/11 (Mon) 13:09:11

するとハクビシンも化けられるのか。
これはタヌのミームによるものだな。
やはりムジナやハクビシンにも伝播しているのか。

江戸時代。
ある家の主人が夜中に用足しに立つと、裏の畑で猫が誰かを待っている。
そこへキツネが現れ、すっくと二本足で立つとそのまますたすたと歩き始め、限の良いところでくるりと踵を返すとまたすたすたと歩き始める。
一頻り歩き終わると、キツネは猫に、さっ、やってみっ、と促すのであるが、これを見て、ははあ猫はああしてキツネに化け方を教わっているのかと。
しばらくの間感心しながら見つめていたのであるが、不意に猫もキツネも人の気配に気がつくと、そのまま駆け去り、二度と姿を見せなかったとか。

手拭 - 小狸工房

2019/03/11 (Mon) 13:25:55

これが無いと猫踊りに参加できないそうだが、昔の手拭は一尺ほどだったから、猫が頭から被って踊るのにはジャストサイズだったと思うが、今の標準的な手拭きタオルだとちょっと長すぎるだろうから、家の猫たちにはタオルハンカチを持って行きなと言い付けてある。

化ける能力は無いとされる - ウッソ魔人

2019/03/11 (Mon) 17:13:36

「人間を化かす能力」であるらしい。
これがあるのは、タヌキ、キツネ、カワウソ、ヤマドリと言われている。
アナグマには無いとされる。

一時的な催眠状態 - 小狸工房

2019/03/11 (Mon) 17:41:44

見かけの姿を変えて別なものに見せかけるか、相手を混乱、錯乱させて現実と虚構を取り替えるか。

御殿で美しいお姫様が添い寝をしてくれているものだと思い込んでいたら、布団だと信じていたのがシッポだったりとか。
狐は純粋に、山道に迷った若者を哀れんでくれたのだけど。

デンキタヌキ - 小狸工房

2019/03/11 (Mon) 21:09:08

シッポが発電器官。

川縁から水中にシッポを垂らし、勢い良く発電。
感電して浮いた魚を集める。
またシッポを帯電させて灯りをともす習性もあるが、狐火と間違えられやすい。

シッポをつかまれると渾身の力で放電して逃げる。

キカイダーには登場 - ウッソ魔人

2019/03/12 (Tue) 22:45:03

ショッカー怪人に電気ウナギはいないのである。
電気クラゲと電気ナマズと電気ホタルが登場している。
電気クラゲは二回もモチーフに使われている。

なお、アマゾンの電気ウナギだが、番組では一言で済ませられているが実はかなりの種類がおり、大小様々である。
小さい電気ウナギは大きい電気ウナギの餌になっているようである。

電気ホタル? - 小狸工房

2019/03/12 (Tue) 22:59:41

>ショッカー怪人に電気ウナギはいないのである

これは意外。デストロンだとどうだろう。

電気クラゲ、発電しないじゃん。

まとめかたを楽しむべき - ウッソ魔人

2019/03/12 (Tue) 23:14:09

キカイダーのダークロボットは造型デザインがボロクソに言われることがあるが、むしろモチーフのまとめ方に感心してもらいたいものである。ミドリマンモスなど最高だ。
アオデンキウナギは両肩のフニャフニャが電気ウナギの尾びれなのである。

さて、本物の電気ウナギだが、実は電撃の使用は危険を伴うのである。水中での電撃は指向性ではないためだ。
電撃が通用しない敵に自分の存在を知られることがあるのだ。

カイメングリーンは、どーもな - 小狸工房

2019/03/13 (Wed) 01:31:56

強敵であったが、なおさらだ。

グリーンマンティスとかグレイサイキングとか、初期には傑作も多かったが。

一番無防備になるのは、攻撃に入る瞬間というジレンマはよく言われるな。
昆虫とか、獲物を巣穴に引きずり込もうと外へ出た途端に自分が狙われる番に。
戦闘機でも、目の前の敵を撃墜しようと集中している隙に自分が後ろから狙われる。

ミドリマンモスも画像検索 - 小狸工房

2019/03/13 (Wed) 05:04:38

こいつか。
放映当時はクラゲにしか見えなかったのだけど、クラゲ怪人を製作しながら何かの都合でマンモスにムリクソ変更されたのであろうか。

セブンのペロリンガ星人とて元は水棲人類としてデザインされながらも、番組製作の都合によりあのようなおサイケな体色にされてしまったと聞く。
ファンとしてはありがちなエピソードにまとめられるよりも、あれほどぶっ飛んだお話が出来上がったのが嬉しいが。

クラゲはもう出てる - ウッソ魔人

2019/03/13 (Wed) 10:09:47

女ベニクラゲはエフィラ的に不死身というなかなか生物学的に良かった。デザインもきれい。
ミドリマンモスは腕が鼻、角が象牙、前垂れが耳という強烈な福笑いだ。
それでも緑って部分は尊重しててナイス。

あれは横顔なのか! - 小狸工房

2019/03/13 (Wed) 14:36:39

生物学的なレイアウトを無視するとは、強烈過ぎる。
せめて一方の腕をシッポの鞭にしてくれればまだ分かりやすいものを。

こうしたものはデザインの作法を蔑ろにしていると思うのだが、どうかな。
ウルトラ以来の、生物として破綻の無い姿を尊重するという姿勢が台無しだ。

ロボットだからなあ - ウッソ魔人

2019/03/13 (Wed) 23:53:12

>生物として破綻の無い姿を

怪獣とは方向性が違うからな。
電気クラゲとか言ってるショッカー怪人も同様だろう。

なお、キカイダーの姿はああデザインされたものではない。イレギュラーである。
原作版ガイバーのガイバー2に近いのである。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.